住所をレンタルって簡単には出来ないですよね??

個人事業やSOHOの方が起業の際に名刺を作ることは多くありますが、そこに自宅の住所を記載したくないと言った方も多くおられます。また、ネットショップ運営に関しても特定商取引法に基づく記載として個人情報を掲載しなければなりませんが、実店舗を持たないネットショップのみの展開の場合、自宅の住所を記載することに抵抗感を持つ方も多いのではないでしょうか。 大阪においては関西の商業の中心地と言う事もあり、様々な事業者がおり、多くの企業が存在しています。その中でも競争力を発揮するための一つの手段として、バーチャルオフィスから住所をレンタルすると言う方法を利用している方も急増しています。 大阪のバーチャルオフィスであれば、大阪の一等地にある住所をレンタルでき、さらに打ち合わせの際にも会議室として利用することが可能になります。これから事業を広く展開される方にとって、非常に重宝するサービスと言えるでしょう。